【下関の神社仏閣】関門橋の横に佇む平家一門が眠る『立石稲荷大明神』

 

下関で関門海峡沿いを歩いていると山側に赤鳥居が並んでいるのが目に入ります。

 

山側に歩道はないのですがこの鳥居の前だけは、信号横断歩道があります。

 

安全を十分に確認し気を付けて横断歩道を渡り参拝してきました。

(国道で車がスピードを出してるので車道の信号が赤でも左右を確認して渡りましょう。)

 

立石稲荷大明神

 

関門海峡を見渡す山側の傾斜に石積みをして建立されている神社です。

 

両側はモルタルで崖面が保護されています。こじんまりとした神社です。

 

 

神社側に歩道がないので関門海峡側の遊歩道から横断歩道で渡ります。

 

 

平家一門ゆかりの神社

 

平家が源氏に追われ、都落ちする際、伏見稲荷の分霊を平知盛が授かってここに祀ったといわれています。

 

屋島の合戦で敗れた平家は、関門海峡の彦島へ敗走します。

 

現在この神社がある目の前の壇ノ浦で平家は敗れました。

 

軍船が神社の前にて沈没した。その際に神霊がこの地に留まり、海峡の船々を守護したといわれています。

 

ご神体はこの地に留まり海峡の守護神となったといわれています。

 

境内には平家の千人塚、無縁塔があります。

 

 

 

赤鳥居で覆われた階段

 

道路からお社まで上る階段は赤い鳥居で覆われていて、時空を通り抜けるような感覚があります。

階段中央には手すりが設けられています。

 

<下段取よりお社を撮影>

 

<中段よりお社を撮影>

 

<上段より撮影>

 

 

境内地下段

 

石積みを施し階段両サイドが平場になっています。

 

平家の無縁供養塔、千人塚などが祀られています。

 

右に置かれている石が創建当時から祀られている碑なんでしょうね。

そっと、置かれています。

 

<改築記念碑>

年号は昭和12年と刻まれています。

 

境内地中段

 

境内地中断も石積みを施し階段両サイドが平場になっています。

 

<石灯篭と由来碑>

お社の由来が書かれた由来碑の裏には昭和10年5月の年号が刻まれています。

 

<世話人碑>

昔から世話人の方がお社を整備清掃されてきたんでしょうね。

境内地は綺麗です。

 

石造りのベンチが2基あります。

関門橋下は海峡で最も狭く急流が発生する早鞆ノ瀬戸です。海峡を挟んで正面は門司港和布刈公園です。

木陰と神社の静謐な空気も手伝ってか、とても居心地が良いです。訪れる参拝者も少なくベンチは特等席となります。

関門橋、和布刈、門司港方面の眺望が抜群、隠れ絶景スポットですね!(電線があるけどこれはしょうがない)

 

 

境内(上段)

 

2つのお社に分かれてお稲荷様が祀られています。

 

<左側のお社>

 

<右側のお社>

 

<立ち並ぶ石碑>

 

<上段から見た関門海峡>

 

1日に4回潮の流れが変わるといわれる関門海峡、1日に500隻の船が往来するといわています。

令和になった現代でもも変わらず関門海峡を見守ってくれています。

 

 

烏帽子岩

 

立石稲荷大明神正面には海上に烏帽子岩という立石があります。

遊歩道より関門橋を背に「烏帽子岩」を眺める。

 

 

この注連縄のかかっている烏帽子岩がこの神社のご神体と言われています。

 

 

毎年12月には、地元の漁業者や赤間神宮宮司などで航海安全と豊漁を祈願して重さ20kgの注連縄を新しいものにお取り替えお祓いをする「関の注連縄祭りが行われています。

 

 

アクセス

駐車場はありません。

 

立石稲荷大明神(グーグルアース活用)

 

立石稲荷大明神の地図(googleマップ活用)