TAG

斎藤道三

  • 2020.06.10(水)
  • 2020.06.11(木)

目標1をクリアする為に動く!「国盗り物語」斎藤道三後編を読み解く⑱

  司馬遼太郎さんの『国盗り物語』 斎藤道三 後編 女買い、夕月、香子、小倉山問答の章では、   長井新九郎利政(後の斎藤道三)が守護・土岐頼芸の為に内親王を美濃へと誘う場面までが描かれています。   司馬さんの読者への問いかけからの余談も解説していますよ。   […]

  • 2020.06.04(木)

【まとめ】司馬遼太郎さんが描いた戦国時代『国盗り物語』斎藤道三 前編

  戦国時代を描いた司馬遼太郎さん渾身の作品『国盗り物語』 斎藤道三 前編を解説しています。   国盗り物語 斎藤道三前編 構成     司馬遼太郎さんが書き綴った『国盗り物語』は斎藤道三編と織田信長編の2部構成となっており、道三・信長編をそれぞれ前後編と分け […]

  • 2020.05.30(土)
  • 2020.06.03(水)

西村勘九郎から長井新九郎へ、『国盗り物語』斎藤道三前編を読み解く⑰

  司馬遼太郎さんの『国盗り物語』 斎藤道三 前編 府城乗っ取り、大狂言の章では、   西村勘九郎(後の斎藤道三)率いる軍勢が守護・土岐政頼が住まう川手城を乗っ取り、勘九郎が長井新九郎に名を変える場面までが描かれています。   斎藤道三 前編 府城乗っ取り、大狂言-あら […]

  • 2020.05.22(金)
  • 2020.06.03(水)

明智光秀と遠山の金さんは繋がってる?『国盗り物語』を読み解く⑯

  国盗り物語 斎藤道三 前編 那那姫の章では、   西村勘九郎(後の斎藤道三)が守護が住まう城を落とすために東奔西走する様子が描かれています。   明智の郷と遠山の金さんの関係も記載していますよ。   斎藤道三 前編 那那姫(ななひめ)-あらすじ   […]

  • 2020.05.10(日)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』斎藤道三編を読み解く⑮川手城、火炎剣

  国盗り物語 斎藤道三 前編 川手城、火炎剣の章では、   土岐頼芸の使いで川手城を訪れる西村勘九郎。城内での政頼の仕打ち、帰路での決闘を描いています。   国盗り物語紀行では川手城につて記載していますよ。   斎藤道三 前編 川手城、火炎剣-あらすじ 川手 […]

  • 2020.05.02(土)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』斎藤道三編を読み解く-天沢履~深芳野を奪る⑭

  国盗り物語 斎藤道三 前編 天沢履、虎の瞳、深芳野を奪るの章では、   西村勘九郎が頼芸と賭けをし深芳野を自分のものにするまでを描いています。   略筮、天沢履と海外から見た戦国の労働者への待遇につても記載していますよ。   斎藤道三 前編 天沢履、虎の瞳 […]

  • 2020.04.26(日)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』斎藤道三編を読み解く⑬水馬、林の中で

  国盗り物語 斎藤道三 前編 水馬、林の中での章では、   西村勘九郎がひょんなことから深芳野に接近する様子を描いている。   斎藤道三(西村勘九郎)伝説、水馬、深芳野の出身一色家につても記載していますよ。   斎藤道三 前編 水馬、林の中で -あらすじ 水 […]

  • 2020.04.20(月)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』を読み解く⑫槍術「一文銭」,槍、 槍

国盗り物語 斎藤道三 前編 槍術「一文銭」,槍、 槍の章では西村勘九郎が法蓮房時代より独学で学んだ槍術で名声を上げようとする。 国盗り物語より読み解く戦国時代の槍術、剣術についても記載しています。 斎藤道三 前編 槍術「一文銭」,槍、 槍-あらすじ 槍術「一文銭」   庄九郎が美濃への帰り […]

  • 2020.04.18(土)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』を読み解く⑪京の夢、お万阿問答

国盗り物語 前編 京の夢、お万阿問答の章では、一旦京の山崎屋に戻った庄九郎の姿が描かれている。 庄九郎のつかの間の休息だ。庄九郎とお万阿の掛け合いがコミカルに描かれた章となっている。 斎藤道三 前編 京の夢、お万阿問答-あらすじ 京の夢   美濃へ来て、半年が過ぎた。大永二年(1522)の […]

  • 2020.04.17(金)
  • 2020.06.03(水)

司馬遼太郎の『国盗り物語』を読み解く⑩深芳野、西村勘九郎

国盗り物語 斎藤道三 前編 深芳野、西村勘九郎では、庄九郎が長井利隆に同行し土岐頼芸に会い、名が西村勘九郎にかわるまでを書いている。 土岐頼芸の愛妾深芳野も登場する。 斎藤道三 前編 深芳野、西村勘九郎-あらすじ   深芳野(みよしの)   庄九郎は長井利隆に同行し、鷺山殿(さぎ […]