コンビニチキンをクリスマスの雰囲気で食べてみる~セブンイレブン

 

栄町商店街を歩いてると、ショーウィンドーにサンタさんの姿。

ふとクリスマス気分を味わいたくなり、コンビニのチキンをクリスマスの雰囲気で食べてみた。

セブンイレブン門司港松本店

関門トンネルから500m程の場所にあります。駐車場はありません。

 

セブンイレブン門司港松本店の地図(google地マップ活用)

レジ袋はCO2削減に貢献しています。マイバッグ持参でレジ袋は削減できます。

チキンのパッケージ。点線の切り口は切れやすかった。英文で何か長文を書いてあるが意味は分からない。

 

クリスマス気分でチキンを食す

セブンイレブンにチキンは数種類あるが、低予算で食べれるななチキとり竜田を食してみた。

100均でそろえたクリスマスデコレーションで気分を盛り上げます。

 

ななチキン

衣が軽く上品でスパイシーだが、押しつけがましさがない。ケンタッキーみたいな王道のフライドチキン。鶏肉感が強く、食感がよい。どこか唐揚げを感じさせる皮はカリッとお肉はジューシーさがある。塩コショウ風味

肉厚です。

とり竜田

衣は極限まで薄くしているがサクサクでパリパリ。お肉もジューシーで和風な味わい。コンビニチキンでは珍しい、醤油風味です。衣と言うより皮の食感がダイレクトに来るような印象。そして醤油の深い風味がじゅわ~と口の中に広がり、ご飯が欲しくなるような味わいです。

衣が薄いです。

 

まとめ

今回、セブンイレブンチキンの王道をゆく『ななチキ』と『とり竜田』を食してみた。塩コショウ風味、醤油風味とどちらも個性的な味付けをしており堪能できた。

クリスマスの雰囲気で食べてみることで、味わいも一層増した気がする。

年に一度だし、この期間ぐらいは何度でも気分を味わってもいいでしょう?