【M1グランプリ2019決勝】初出場が7組忖度なしの決勝戦!!

 

令和初のM1グランプリ。今年の栄冠は誰の手に。

今年も素晴らしい漫才を見せてもらいました。やっぱり芸人さんはすごい。

素晴らしい戦いを見せてくれたコンビたちはこちら

ニューヨーク(決勝初)

吉本興業東京本社(東京吉本)所属。結成9年目。漫才ジョーカーニューヨーク。見た目チンピラ風なボケ嶋佐、いい兄ちゃんツッコミ屋敷。

ラブソングネタ。次から次へと登場人物が出てくる。嶋佐は歌い切った。4分間のネタを一曲を通しでやり切るのは度胸がいると思う。よく計算してつくられている。トップバッターながら最初の流れをうまく作ったと思うが点が伸びなかった。

かまいたち

吉本興業東京本社所属。NSC26期生。2004年5月結成。かまいたち。ボケの山内ツッコミの濱家。2017年キングオブコント王者3年連続決勝戦

UFJに言い間違えたのに立場が変わっているネタ。言い間違えたのに俺じゃない。「はらえよ」「さらせよ」のボケツッコミ間合いが最高。終盤言葉のやりとりが絶妙、さすが。いいコンビ。

This is かまいたち [ かまいたち ]

価格:3,438円
(2019/12/27 22:38時点)
感想(1件)

敗者復活を制した和牛

結成13年。和牛

物件紹介ネタ、敗者復活戦のネタ。シチュエーションを変えるところがスムーズ。動きが横の動きでなく後ろに下がる所が空間の使い方がうまい。事故物件なのに「イイネ!」しり上がりの盛り上げ方はさすが。最後、立場を逆転させた展開がすごい。どこまでも進化続ける漫才。

和牛 漫才ライブ 2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~ [ 和牛 ]

価格:3,088円
(2019/12/27 22:40時点)
感想(15件)

すゑひろがりず(決勝初)

吉本興業所属。大阪NSC28期生。2011年4月結成。令和の伝統芸能すゑひろがりず。扇子を持つボケ三島、鼓をうつツッコミ南條。 様々な現代的テーマに日本の伝統芸能を取り入れて演じる和風のコンビ。能楽や仕舞と同様の袴姿で登場。流派は我流。

コンパネタ。古風な言葉でコンパの一連の流れを表現。お菓子の銘柄当ては言葉のチョイスがうまい。鼓の音が会場に響き渡る。この芸で、正月は引っ張りだこだろう。会場の空気感をまた作り直した。

からし蓮根(決勝初)

2013年結成。吉本興業所属。大阪NSC35期。火の国ストロングからし蓮根。ごついボケ伊織、整った顔方言ツッコミ杉本。

自動車教習所ネタ。ボケがひょうひょうとして好感度がある。ツッコミが上手い。M1ネタで一旦隠れるネタは初めて、大舞台で度胸がある。一つ一つのネタをきれいに処理する。最後に一発笑いをとっていた。

見取り図

よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属。大阪NSC29期生。コンビ結成12年目。真逆の個性見取り図。ローテンションなボケリリー熱苦しいツッコミ盛山。

おたがいの良いところをほめる→けなす展開ネタ。ちょいちょい微妙に似ている何かに例えるセンスが良かった。けなす箇所のポイントで笑いをとっていた。一個一個のワードがおもしろい。ボケとツッコミのやりとりが単純なので見やすい。べたなネタだけど面白かった。

ミルクボーイ(決勝初)

吉本興業に所属するお笑いコンビ。2007年7月結成。ナニワスパイラルミルクボーイ。昭和のおっさんツッコミ内海、筋トレ大好きボケ駒場。

食べ物ネタ。忘れた食べ物の特徴を思い出しながら行ったり来たりして徐々にひきこまれていく。コンフレークの特徴をよく捉えて他の食品との比較を織り交ぜる。客席も大爆笑。これぞ漫才。

オズワルド(決勝初)

吉本興業東京本社所属。2014年結成。東京NSC17期生。新東京スタイルオズワルド。仏頂面ボケ畠中ひげ眼鏡ツッコミ伊藤。

最初のトーンが低めに入って空気感の作り方がうまい。先輩にどうやったら気に入ってもらえるかネタ。寿司と野球を絡ませてのボケの変化球。しっとり感を出しつつ後半しり上がりになる心地よいネタ。

インディアンス(決勝初)

吉本興業東京所属。大阪NSC31期生。結成9年目。ノンストップインディアンス。お調子者のボケ田渕、おとなしそうなツッコミきむ。

彼女?おっさんネタ。おっさん女子が軽快に盛り上げるフットワークで最後までやり切った。

ぺこぱ(決勝初)

2008年結成。サンミュージックプロダクション所属事務所。結成11年目。ツッコミ方改革。ペコパ。メイク派手ツッコミ松陰寺、普通ボケシュウペイ。

登場で松陰寺が首をフルフル、沢山フル。の後のシュウペイが被って自己紹介。タクシーネタ。「時を戻そう」のフレーズがいい。運転手に何をいわれてもいちいち納得してしまうリアクションが優しい。最後立ち位置が横向きになってしまうネタはある意味チャレンジだ。時間がたつにつれてどんどん好きになっていく芸風。

最終決戦

ぺこぱ

列車で年寄りに席を譲るネタ。キャラクター作りがすごい。鼻につくキャラクターだけど相方にやり込められるのがいい。ツッコミに正論は新しい形。切れだけを見せる動き、中途半端なビジュアルがよかった。「時を戻そう」のフレーズがはやるかも。優しいツッコミ。

かまいたち

自慢の話ネタ。何気ない話を膨らませる技術はさすが、畳み掛け方がすごいテクニカルな漫才。お客さんを巻き込んでの落ちは客席も一緒に楽しめる。優勝してもおかしくないネタ。ラストイヤーだったけどいい漫才だった。

ミルクボーイ

おかんわからんネタ、お菓子編。最中。またまた最中の特徴を笑いに変えるテンポがよい。最中を家系図で説明するくだりはうまい。最初に何かを貰うネタは10年以上前からやっている、何パターンあるのか?

5040組の頂点第15代王者決定は?

令和初の優勝者はみるくボーイ。コーンフレークと最中の売れ行きがよくなるかも。

今年初めてのテレビがこの舞台。そして681点で歴代最高得点。謙虚な二人。早速、仕事が入っている。とにかく沢山漫才をみたい。

優勝 みるくボーイ 681点 6位 からし蓮根 639点
2位 かまいたち 660点 7位 オズワルド 638点
3位 ぺこぱ 654点 8位 すゑひろがりず 637点
4位 和牛 652点 9位 インディアンス 632点
5位 見取図 649点 10位 ニューヨーク 616点