北九州港開港130周年のお祝いに集合した船舶達!!

 

2019年は北九州港の構成港である門司港が特別輸出港に指定された 1889年(明治22年)から起算して、130周年を迎えました。

1963年に門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市の五市が合併して北九州市が誕生した翌年の1964年に外国貿易の「門司港」、国内流通の「小倉港」、および工業港の「洞海港」を統合して「北九州港」となりました。

北九州港130周年のお祝いに、130周年だよ!船舶集合!のキャッチフレーズのもと駆けつけた船舶達に会いに行ってきましたので紹介をします。

北九州港history

門司港は古くより朝鮮、大陸と交易をおこなっており近代には日本の工業化を推進してきた歴史ある国際貿易港です。明治初期になると門司外国貿易港小倉国内流通港洞海鉄・石炭の港としてそれぞれの役割を担い発展してきた。北九州港は港湾都市として整備されたため海岸線のほとんどが埋め立てによって形成された。

<history一覧>

  • 1889年(明治22年) 門司港が国の特別輸出国に指定
  • 1891年(明治24年) 九州鉄道本社の設置
  • 1904年(明治37年) 若松港が国の特別輸出港に指定
  • 1931年(昭和  6年) 小倉港が一般開港の指定
  • 1969年(昭和44年) 北九州港の誕生

 

巡視船「くにさき」

  • 船名    巡視船「くにさき」
  • 船主    海上保安庁門司海上保安部
  • 全長    96.0メートル×11.5メートル
  • 基準排水量 1,500トン

海上テロや暴動の鎮圧、原発など重要施設の警備を専門とする船として、九州北部・山口沖や東シナ海での任務を遂行する。ヘリコプターも発着できる。

                                                                                                                        撮影:ryoujiro

浚渫船「海翔丸」

  • 船名    浚渫船「海翔丸」
  • 所属    九州地方整備局関門航路事務所
  • 全長    103メートル×17.4メートル
  • 総トン数   4,659トン

日本最大級最新鋭浚渫兼油回収船。海底の土砂をさらい、船の通り道である航路を整備する浚渫と、事故などで海に流れ出た油を取り除く油回収の2つの重要な仕事をしている。

                                                                                                                         撮影:ryoujiro

乗船してきました!船上は機械だらけです。船というより、動く工場といった感覚になってしまう。

                                撮影:ryoujiro

帆船「みらいへ」

  • 船名  帆船「みらいへ」
  • 所属  一般社団法人グローバル人材育成推進機構
  • 全長  52.16メートル × 8.60メートル
  • 総トン数 230トン

1993年に「あこがれ」として就航してから大阪市が保有し「セイル・トレーニング事業」に使用していた。 一般市民が航海を体験できた日本で唯一の帆船(スクーナー)であったが2012年末をもって運航を終了し売却された。2014年から、船名を「みらいへ」に変え、神戸港を母港に体験航海事業を再開している。

帆船「みらいへ」は、日本で唯一、誰でも自由に乗ることができる帆船です。 本物の帆船を使って、研修や会議、撮影、パーティー等、洋上や港を背景にした イベント会場としても活用できます。

青空のもとの帆船。実際に航海に出ると気持ちいいでしょうね。

                                                                                                                         撮影:ryoujiro

夜の帆船もロマンチックです。

                                                                                                                         撮影:ryoujiro

セイルドリルの体験をしてました!実際に帆を張れるなんてめったにできない体験ですね、帆が張られてゆく姿が素敵でしたよ。

                                                                   撮影:ryoujiro

補給艦「ましゅう」

  • 船名    補給艦「ましゅう」
  • 所属    海上自衛隊
  • 全長    221メートル×27メートル×18メートル
  • 基準排水量 13,500トン

補給艦「ましゅう」は京都の舞鶴基地を母港とする「ましゅう型補給艦」の1番艦です。全長221mと海上自衛隊に所属する艦艇の中でも大型の艦で、「いずも型護衛艦」が登場するまでは海自一大きな艦でした。

補給艦は「湖」から名前が取られており、「ましゅう」は北海道の「摩周湖」から名前が取られています。

                                                                                                                        撮影:ryoujiro

イカリの投下の実演がありました!観覧者の「イカリ!」の合図とともにイカリが海に投下されました。実際イカリが投下される瞬間は迫力がありましたよ。

                                                                                                                     撮影:ryoujiro

イカリ投入のパフォーマンスがあったのでその時の動画です。どうぞご覧ください。

まとめ

船にもさまざまな種類があってそれぞれの役割があるんだなとあらためて感じました。北九州港が130周年ということで先人たちが築き上げてきたものが令和の時代もしっかりと受け継がれていることに感謝です。

船に乗って旅に出たいそんな気分になってきました。この船たちが皆さんの港にお邪魔することがあるかもしれませんよ。