【大河ドラマ】麒麟がくる 8話~同盟のゆくえ~

あらすじ

 

天文17年(1548)

 

光秀は帰蝶に頼まれ、婿になる信長に会いに再び尾張に潜入した・・・。

 

信長に会ってきた光秀だが、帰蝶の嫁入りには浮かない様子。

 

だが、母に大事なのはこの国ぞと言われ決心をする。

 

光秀は帰蝶にどう伝えるのか・・・。

 

帰蝶はどう判断するのか・・・。

 

信長と帰蝶の縁談が、美濃国内、隣国の圧力にも影響を及ぼすことになる。

 

 

8話よりの主なキャスト

 

織田信長(渋谷将太)

 

8話にして、遂に登場してきた信長。登場シーンでは船で朝日と共に沖から浜に帰ってくるというシーン。

釣った魚を浜でさばき、市場で売れば高く売れるぞと民に安く売り、民衆に好かれているのだなあと思わせる場面でしたが、光秀はあまりよくは思わなかったみたいですね。

 

光秀と信長の初対面シーン。この出会いが今後のドラマにどう影響するかが楽しみです。

 

松平弘忠(浅利陽介)

 

ドラマ終盤に登場してきましたね。ご存知、竹千代(徳川家康)の父。

この時は、今川義元側につき、織田信秀との一戦を画策していましたね。

織田と斎藤が手を握ったと聞き、隣国の松平家としては臨戦態勢を整えておく必要があった。

今川が手をかし織田と戦が始まるのか・・・。

 

印象に残った場面-ネタバレ

 

光秀、帰蝶に信長への嫁入りを進言する

 

尾張で信長と対面してきた光秀。

帰蝶から尾張はよいところかと聞かれた光秀は海が綺麗なところでしたと答える。

美濃は海がないので帰蝶は海が見てみたいものじゃと答える・・・。

光秀の口から嫁ぐべきじゃと言ってほしいという帰蝶に、

光秀は、力強く行かれるがよろしいかと答える。

さらに、頭を下げて尾張にお行きになさりませと言上する。

 

本当は尾張に行きたくなかった帰蝶、尾張に行かせたくなかった光秀。

だが、時代がそうはさせてくれなかった・・・。

 

二人の気持ちが、はかなくも見え隠れしたシーンとなった。

 

 

光秀、美濃と尾張の和睦を熱く語る

 

斎藤義龍に連れられ土岐頼芸に謁見した光秀。

頼芸は光秀に織田方との和睦はよろしくないと説くが・・・、

 

光秀は、和睦の意義を熱く語る。

熱田の規模の大きな自由な市場、港ではたくさんの船が行き来して諸国の尾張の産物が売り買いされている。このような豊かな国と戦をするよりは、手を結びあの市場に自由に出入りし美濃の産物を運び豊かになるのであれば、争いをせずそれができるのであれば、和睦はするべきだと考えるようになったと。言上した。

光秀の、一滴の血も流したくないという強い思いが込められたシーンとなった。

 

 

だが、義龍とすれば面白くない。家臣を集めてまで土岐頼芸に謁見したのだが、頼芸は途中で座をはずす。

 

美濃国内での不穏な空気が流れている・・・今後の、義龍の動向にも目が離せません。

 

麒麟がくる紀行

 

那古野城跡

 

現在の名古屋城の敷地内に那古野城がありました。名古屋は那古野と呼ばれていたんですね。

那古野の地名の歴史は古く、南北朝時代(1336-1392)の写本にその地名が確認されます。

地名の由来は、和やかな気候な土地なのでなごや(和や)、霧(ナゴ)が発生しやすい土地だったからナゴヤ等、諸説あります。

那古野城を築いたのは今川義元の父今川氏親ですが、天文元年(1532)織田信秀が城を奪い取り拠点を置いたとされる。

天文3年(1534)に生まれた信秀の嫡男、織田信長は那古野城で生まれた可能性が高いとされています。

弘治元年(1555)、織田信長は、一族の織田信友を滅ぼし清須城に移った。やがて、那古野城は廃城となる。

現在、名古屋城二之丸内に那古野城址の碑が建っています。

 

那古野城跡地図(googleマップ活用)

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!