【大河ドラマ】麒麟がくる 4話~尾張潜入指令~

あらすじ

天文17年(1548)春。今川義元が軍を動かし三河の小豆坂で織田信秀の軍が迎え撃った。戦は痛み分けに終わったが信秀の軍の損傷はひどかった。

東庵が小見の方の治療を終え尾張の織田信秀のもとへ向かう。道三は東庵に信秀の容態を探るように命じた。

光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・。

4話よりの主な登場人物

松平家

松平竹千代(岩田琉星)-後の徳川家康。幼名を竹千代といい織田家の人質となっている。

常在寺

住職 日運(有福正志)-道三に、本能寺が末寺を通じて種子島で鉄砲を作らせていると知らせに来る。

常在寺-常在寺は、岐阜市にある日蓮宗京都妙覚寺の旧末寺である。正式名は、鷲林山(しゅうりんざん)常在寺斎藤道三以後の斎藤氏3代の菩提寺。重要文化財に指定されている斎藤道三肖像画斎藤義龍肖像画が所蔵されている。本尊は文殊菩薩。

印象に残った場面-ネタバレ-

光秀と竹千代

薬草売りに扮して織田方にいる東庵のもとへ薬草を届けに来た光秀と菊丸。そこで、竹千代と遭遇する。

竹千代は熱田に送られる前に母のいる三河の刈谷城母のもとに連れて行ってくれと光秀にせがむが、光秀はそれを思いとどまらせる。母上もそれなりの覚悟があって人質に出しているのだから今戻っても辛い思いをするだけだと言って、竹千代をさとす。光秀から干し柿をもらった竹千代は屋敷に戻っていく。

光秀から言われた事を悟って屋敷に戻ってゆく竹千代。このやりとりは史実ではないにしろ、のちの徳川家康と明智光秀の初対面を大河はこういう形で描いている。この出会いが、今後の光秀と家康の関係にどう影響してくるのでしょうか。

干し柿-干し柿は戦国時代から美濃の名産品になってますね。織田信長が自領の名物としてルイス・フロイスに贈ったという逸話があります。又、1900年に開催されたパリ万国博覧会に、岐阜県の堂上蜂屋柿が出品されて銀杯を受賞、1904年のセントルイス万国博覧会では金杯を受賞てます。

 

菊丸、三河の現状を熱く語る

菊丸も三河の出身。三河は今川の駿河と織田の尾張に挟まれ年中、戦で田畑を荒らされ、どちらかの力を借りなければ生き抜くことが出来ない弱小国。今は尾張に頭を下げて若君を人質に出して・・(言葉を詰まらせる)、悔しいけどそうやって・・・(悔しすぎてこれ以上言葉が出ない)。

感情のままに、三河の現状を光秀に語る菊丸。だが、言葉に詰まり最後まで言い切れない。言葉に表せないほど三河の現状は過酷だといことが、言葉無しでも伝わってくるシーン。

東庵と光秀

東庵に、演技をして薬草を渡す光秀。東庵も演技をして、光秀から薬草を受け取るが。東庵は一つ薬草(木の枝)を手に取り「これはつまらぬな」と、手にとった枝を折る。そして「役立たずじゃ」という。これは、信秀を枝に例えて、信秀はもうだめだと伝えたのだろう。光秀はそれを理解したのか、薬草を置き屋敷を後にする。

というシーン。これもよくできた脚本と演出です。ちょっと視聴者に考えさせる小技とでもいうのか、そばにいる織田家の家臣に悟られないように信秀の容態を伝えるという、視聴者にも分かるように伝えるという小技ですね。カメラワークも一旦、織田家の家臣と菊丸の表情をとらえているので、観る方からしたらスリリングさが伝わってきて、悟られないようにという緊張感が醸し出されていますね。

美術、音声

信秀と東庵

信秀と東庵が双六をするシーン。縁側?で信秀と東庵が双六をするシーンで、建物内から信秀と東庵の側面をカメラがとらえ庭を映しているが、庭に植えている松と庭石の景色、雰囲気が良い。光をうまく使っているのか、建物内の暗さと外の明るさ、松の緑のコントラストが映え、季節感が伝わってくる。

双六の最中にカラス、スズメの鳴き声もあり、戦をしていないという平時の穏やかさが伝わってくる。信秀がおいしそうに食べているのは瓜?でしょうか、信秀が瓜をくわえた時の「カリッ、モグモグモグ」という音も再三拾っていて、音でも食を伝えている。

麒麟がくる紀行

津島神社-愛知県津島市

【御祭神】主神:建速須佐之男命、相殿:大穴牟遅命(大国主命)

  • 創建時の社名は津島社。神仏習合の影響により、ご祭神を「牛頭天王」に改めたことにより江戸時代までは「津島牛頭天王社」となる。
  • 明治の神仏分離により津島神社に改められたが、今でも「津島の天王さま」と呼ばれ、全国約3,000社の天王信仰の総本社である。
  • 社伝によると、欽明天皇元年(540年)に西国対馬より大神がご来臨なられたのが始まりとされる。
  • 弘仁元年(810年):神階正一位と日本総社の号を賜り、一条天皇の正暦年間に天王の号を賜りました。
  • この地方にゆかりのある織田信長、豊臣秀吉や尾張徳川家は厚く信仰され、社領の寄進や社殿の造営等をしている。

津島神社地図(googleマップ活用)

古渡城跡(東別院)-愛知県名古屋市

  • 天文3年(1534年):織田信秀が東南方に備えるために築城
  • 信秀は今川氏から奪った那古野城を、吉法師(織田信長)に譲り、この城を拠点とした。
  • 天文15年(1546年):信長は古渡城にて13歳で元服する。
  • 天文17年(1548年):信秀は末森城を築いて移ったため、古渡城はわずか14年で廃城となった。
  • 遺構として、真宗大谷派名古屋別院敷地内にある古渡城跡碑と、古渡城の堀跡を利用した下茶屋公園(真宗大谷派名古屋別院に隣接)がある。

古渡城跡(東別院)地図(googleマップ活用)

見逃した方、見てない方はこちらから見れますよ

 

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!