【大河ドラマ】麒麟がくる 3話~美濃の国~

 

あらすじ

時は進み合戦より半年後。あの合戦の首謀者は帰蝶の夫土岐頼純であった。頼純は斎藤利政により命を消されていた。帰蝶はそのことで心を痛めていた。

斎藤利政、高政親子が頼純の叔父である土岐頼芸のもとを訪れ、頼芸に守護についてもらいたいとお願いをするが頼芸の返答は・・・。

 

3話よりの主な登場人物

斎藤家

深芳野(南果歩)-守護・土岐頼芸の愛妾から守護代・斎藤道三の側室となった女性で、高政の母親。

土岐家

土岐頼芸(尾見としのり)-美濃国の守護大名。土岐頼純の叔父

織田家

平手政秀(上杉祥三)-志賀城主として、織田信秀に仕え、重臣として主に外交面で活躍した。

今川家

今川義元(片岡愛之助)-今川氏第11代当主。「海道一の弓取り」の異名を持つ東海道の支配者。

太原雪斎(伊吹吾郎)-臨済宗の僧侶(禅僧)で今川家の家臣。

 

印象に残った場面-ネタバレ-

駒が幼い頃聞いていた昔話

駒が幼い頃、助けてもらった侍から聞いた昔話を、美濃の人達も知っていた。ドラマの題名にもなっている「麒麟がくる」と言ったその侍は美濃の出身なのか?このドラマでその侍がキーパーソンになるのか?その侍が誰なのかを想像しながらみるのも又、おもしろい。

斎藤利政(道三)と土岐頼芸

斎藤利政、高政親子が頼芸のもとを訪れる。頼純の死を巡って道三と頼芸が会話する緊迫の場面。頼芸が鷹の絵を描きながら利政に「毒をもられたくないからな」と言うと、利政は「操り人形に毒などもりません」と答える。本木さんの演技とセリフにゾッとした。討つか討たれるか、騙し騙されの戦国の世の恐ろしさを垣間見れたシーンとなった。

 

麒麟がくる紀行

土岐氏一日市場館跡-土岐氏発祥の地

鎌倉時代に土岐光衡はこの一日市場に居館を設け神戸城と称して美濃国統治の本拠としました。
室町時代初代美濃国守護に任ぜられたその曾孫頼貞も同様この地を中心にして国を治め以降十数代に亘って美濃国守護として栄えた美濃源氏土岐氏の礎を開きました。

土岐氏一日市場館跡地図(googleマップ活用)

枝広館跡(長良公園)

土岐頼芸(よりなり)は天文元年(1532)に、枝広館を築いて本拠とした。枝広館は長良公園一帯にあったといいます。天文4年(1535)、長良川の洪水により枝広館は流されたため、土岐頼芸は大桑(おおが)城へ移ったそうです。

枝広館跡(長良公園)(googleマップ活用)

麒麟がくる 1話~12話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!