【大河ドラマ】桶狭間合戦前の家康と母 於大の方との感動秘話、麒麟がくる20話

 

いよいよ桶狭間の戦いに向け動き出す!

 

光秀が、信長が、家康がそれぞれの戦いが始まろうとする

 

家康と母・於大の方の感動秘話についても記載していますヨ

 

 

あらすじ-ネタバレ

 

 

永禄三年(1560)

東庵とお駒は駿府にいた。近々大きな戦がはじまるというので戦装束の為に今川の御家来衆が生地をまとめ買いしていた。何万という軍勢で今川が尾張にに攻め込む準備をしているというのだ。

 

越前では、光秀が称念寺で子供に読み書きを教えていた。

(相手が子供であれ教養がないと教えることなどできない。光秀は教養のある文化人でもあったのだろう。)

光秀と煕子の間に子が生まれていた。お駒が母・牧と子供のためにと着物の生地や薬草を送ってくれていた。禄が無い明智家は米が買えぬほど貧困に陥っていた。

左馬之助が尾張に侵入し、今川家と織田家の情勢を探り帰っていた。今川家は尾張領の大高城や鳴海城城を奪い取っていたのだ。

 

駿河では、今川義元が主だった家臣らを集め軍議を行っていた。大高城、鳴海城を足掛かりに一気に尾張へと進軍するといことで一致した。

東庵は駿府の智源院で松平元康(のちの徳川家康)の将棋の相手をしていた。対戦成績はというと98勝5敗で明らかに東庵の勝ち越しだ。お駒もいつのまにか一人前にお灸を施せるようになっており、元康の祖母・源応尼はお駒のお灸のおかげで首の疲れがすっかり取れていた。

将棋を指したり祖母と語りあったりと平穏無事な風景だが、元康は戦で尾張へ行くことになった。先ほどの軍議で今川軍の先鋒として大高城へ救援物資を届けることになったのだ。お駒は持っておけば戦に行っても死なないというお守り替わりの薬を元康に渡した。元康は必ず戻ってまいるとお駒に告げる。

 

永禄三年(1560)5月、今川義元は2万五千の大軍を引き連れて尾張を目指した。

 

尾張清州城では軍議が行われていた。信長の家臣たちは戦略をたてるべく激論しているが、信長はその場を離れた。熱田神宮に松平元康の生母・於大の方と叔父の水野殿が来ているので会いに行くことになった。段取りをつけたのは帰蝶で、信長の名を借り、於大の方に文を出していたのだ。

元康の母と叔父を動かし寝返らせようという魂胆だ。(この知恵をつけたのは光秀なのだ。)

 

その頃光秀は、禄を貰えるよう仕官先を探していた。だが、ご家老は主君の朝倉義景が公卿相手に蹴鞠をしており今日は話が出来ないとのことだった。尾張では織田信長が大一番の戦に出ようとしているのに自分はこんなところで何をしているのだと・・・、光秀は尾張へと向かった。

 

熱田神宮では信長と帰蝶が於大の方と叔父の水野信元と面会をしていた。於大の方は水野家が織田家の味方になったがために松平家から離縁され元康とは十六年会っていなかった。その於大の方が元康に文をしたためて来ていた。その文には母の悲痛な願いが書いてあった。その文を元康に渡す役目は菊丸が担った。

 

五月十六日、今川義元は本体の兵と共に三河の岡崎城に入った。先鋒の松平元康は翌十七日に尾張に侵入し、無事に大高城にたどり着いた。元康は一室でしばし休むことにした。そこへ、菊丸が現れ元康へ文を渡した。母からの文に目を通した元康は号泣する。菊丸も三河を三河の者に戻して下さいと嘆願するのだった。

 

光秀は左馬之助を伴い馬上、尾張へと駆けていた。

 

(本能寺の変まで 22年)

命運を分けた桶狭間の戦い前の松平元康の動き

 

 

いよいよ織田信長の人生大一番、桶狭間の戦いが近づいてまいりました。

麒麟がくる 20話 では桶狭間の戦い前の松平元康の動きが描かれていました。

駿府の智源院で元康は東庵と将棋を指している時に祖母の源応尼と言葉を交わしていましたね。

源応尼(げんおうに)は実名を「於富の方」あるいは「於満の方」と言われ、水野忠政に嫁いだ時に元康の母になる於大の方を生んでいます。その後は、松平清康や三河の諸豪族に次々に嫁ぐが、いずれも夫に先立たれている。

その後、今川義元を頼って駿府に入り、出家して源応尼と名乗るようになった。元康が今川氏の人質として駿府に送られると、義元に乞うて竹千代が元服するまでの8年間、その育成にあたっているのだ。

真言宗知源院は、慶長14年(1609)、徳川家康が源応尼の50回忌の際、寺号を戒名「華陽院殿玉桂慈仙大禅尼」にちなんで華陽院に改め、宗派も浄土宗に改宗しています。

竹千代も人質時代に祖母が近くにいるといことは本当に心強かったでしょうね。今の時代でも孫はかわいいと言いますから、祖母の源応尼も孫の竹千代がかわいかった事でしょう。

 

ドラマでは松平元康の母・於大の方が戦を避けるようにと文を送っていましたが実際はどうだったのでしょうか?

実際には手紙を送っているのですが、それは元康が竹千代と呼ばれ織田方の人質とされていた時で、於大の方は密かに家臣に衣服や食糧を送り届けさせています。その時に、「どんなに辛くとも耐えてがんばりなさい。いつかは母と会える日もまいりましょう。母はいつでもそなたの無事を祈っております」と書いた文を母手折りの紙人形とともに添えて送っているのです。

この紙人形は幼い竹千代にとっては母の身代りであり、いついかなる時も肌身離さずに持っていたと伝わります。

 

それでは、桶狭間の合戦前はどうだったのでしょうか?

実はこの時に元康は十六年ぶりに母・於大の方と再会を果たしているのです。

大高城へ兵糧を届けるという任務を請け負った元康は大高城から三里半(約15キロ)南にある坂部城を訪れているのだが、於大の方は久松俊勝と再婚して、この坂部城に移っていたのだ。

感動的な再会だったことでしょう。なにせ、十六年ぶりですから。立派な武将に成長したわが子を見て母は涙を流したことでしょうし、元康も成長した自分の姿を母に見てもらうことが出来てさぞかし誇らしかったことでしょう。感動の親子の再会が目に浮かんできますね。(涙)

しかし感動の再会は時間としてはそんなに長くは無かったでしょうね、元康には任務がありましたから。大高城に兵糧を運ぶという任務ですが、その兵糧を調達しにこの坂部城に寄っているのです。ですからそんなにしんみりと懐かしんでる時間は無かったでしょう。でも、母がこの城にいたのは偶然というか巡り合わせというか奇跡というか、元康へのちょっとしたご褒美なのでしょうか?

元康は坂部城を後にし、大高城へと向かうのです。

 

無事に兵糧を大高城へ届けた元康隊は、丸根砦を攻め、これを苦戦しながらも陥落させます。

この知らせを聞いた義元は戦勝気分に酔いしれ、元康隊は幸運にも義元の命により、大高城の守備にまわることになった。守備を命じられたのは、前日からの大高城兵糧入れで不眠不休であったことや、丸根砦攻めで功を立てたことによるとされています。

元康らは大高城で休息をとり、義元本隊5000もの兵が信長に勝利して城にくることを想定して準備をしていたのですが、義元本隊は現れなかった。

桶狭間で今川義元は討たれ今川軍は大将が討たれたことによりてんでばらばらに散っていったのである。

松平元康は大高城に居たことで命拾いをしたことになります。正に、命運を分けた日となったのです。

麒麟がくる紀行-大高城、鷲津砦、丸根砦

 

織田信長から離反した鳴海城主山口教継の調略で、大高城は今川方の手に落ちる。この脅威に対して信長は「丸根砦」「鷲津砦」を築き、大高城に圧力を加える。永禄2年(1559)、朝比奈輝勝が義元の命をうけ大高城の守りに入る。

翌永禄3年(1560)には、大高城の包囲を破りそのまま鵜殿長照が守備についた。5月18日夜には、大高城に松平元康が兵糧を届け、長照に代わり元康が城の守備についた。やがて信長の攻撃による義元の死(桶狭間の戦い)を確認した元康は岡崎城に引き下がったため、大高城は再び織田家の領土となった。

 

<大高城、鷲津砦、丸根砦の位置関係>

大高城の東側、東海道新幹線を挟んで大高城から約1km離れた場所に鷲津砦と丸根砦があります。松平元康は丸根砦の南側より大高城へ兵糧を運んでいます。

(googleマップ活用)

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!

 

大河ドラマはU-NEXTで、過去の作品も!