【大河ドラマ】織田家と斎藤家で起こった暗殺劇、麒麟がくる15話

 

麒麟がくる 第15回 道三、わが父に非(あら)ず では

 

尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。

 

戦国時代の無情さが描かれる回となった

 

あらすじ-ネタバレ

天文二十三年(1554)

斎藤山城守利政は仏門に入り道三と称し、家督を高政に譲った。

 

道三が家督を高政に譲った二か月後のこと、道三の正室の子、孫四郎が夜分遅くに明智家を訪れる。

孫四郎の用件は、高政が家督を継げば信長と争うことになる。姉の帰蝶もそれを案じ、明智の者とよく相談するようにとのことだった。

が、光秀はそれをきっぱりと断った。孫四郎は憤慨して明智の館を後にした。

 

一方、尾張では異変が起きた。

清州城。尾張守護斯波義統が尾張守護代織田彦五郎の家老坂井大膳によって暗殺されたのである。

斯波義統の嫡男斯波義銀は難を逃れて、織田信長のもとへ向かった。

信長は彦五郎を討つ思案をしていたが、

織田彦五郎は信長の父の弟織田信光によって暗殺される。

信長は直ちに斯波義銀を擁し清州城に入城した。

この事実は周辺の諸国に衝撃を与えることになる。

 

この知らせは駿府の太原雪斎の耳に入る。

雪斎は信長のことを大虚けと聞いていたが、噂などはあてにならぬと東庵に漏らす。

 

美濃にも異変がおこる。

信長と繋がりのある帰蝶の弟、孫四郎が尾張の実権を握った信長と関係を結ぼうとしていた。

危機感を持った高政は、病と偽り見舞に来た孫四郎と弟の喜平次を暗殺した。

 

道三は孫四郎と喜平次の亡骸を見て、怒り狂う。

稲葉山城を出て道三は大桑城を目指す。美濃に戦が起こることとなる。

 

『信長公記』に記されている尾張守護の最後と織田彦五郎の最後、孫四郎の暗殺

『信長公記』に記されている尾張守護の最後

 

天文二十三年(1554)七月十二日

 

守護の若君は屈強な若侍を全員従えて川漁に出かけた。清州城内の守護の邸には、老人が少々残るだけだった。

 

坂井大膳・河尻左馬丞(さまのじょう)・織田三位(さんみ)は、絶好の機会だと四方から攻めた。

 

守護邸の四方から弓矢が矢継ぎ早に射こまれたので、守護側は防ぎきれず、邸に火をかけて、守護をはじめ家臣の数十人が切腹した。

 

侍女たちは堀に飛び込み、助かったものもいたが、おぼれ死んだ者もいた。

 

斯波義銀は川漁から信長を頼って那古野へ逃げた。守護のもう一人の幼君毛利十郎が保護して、那古野へ送り届けている。

 

 

後年、斯波義銀は、斯波氏の権勢を取り戻そうと吉良氏と結んで信長の追放を画策する。しかし、この密議は信長に知られるところとなり、義銀は尾張を追放され、大名としての斯波武衛家は滅びた。

毛利十郎が保護した守護のもう一人の幼君とは毛利秀頼とされる。毛利十郎は毛利秀頼の養父。後年、十郎と秀頼は桶狭間の戦いに参加して戦功をあげた。本能寺の変の後、秀頼は秀吉に仕えている。

 

 

ドラマでは、守護の斯波義統は首を斬られていたけど、『信長公記』では守護自ら邸に火をかけて自害していますね。やはり、誇り高き守護ですから人の手にかけられ死にたくはなかったのでしょう。

 

『信長公記』に記されている織田彦五郎の最後

 

天文二十三年(1554)七月十八日。尾張守護が亡くなった六日後、柴田勝家が清州へ出陣した。この時、信長公記の著者太田牛一も足軽衆の一人として参陣している。

清州勢は山王口で応戦したが追いまくられ、守護を襲った河尻左馬丞(さまのじょう)・織田三位(さんみ)など三十人ほどが討ち死にした。

心もとなくなった坂井大膳は織田信光に「力をお貸しください、彦五郎殿と二人で守護代になってください」と頼んだ。

 

天文二十四年(1555)四月十九日。織田信光は清州城の南櫓に移った。が、信光は信長に「彦五郎をだまし取るので、尾張の下の郡四郡のうち半分を下さい」と言っている。

四月二十日。信光は坂井大膳をまず討ち取ろうとしたが、大膳は異様な気配を察して逃げ去り、今川義元を頼り、そのまま居ついてしまった。

信光は彦五郎を追い詰め切腹させ、清州城を乗っ取っり信長に引き渡し、自分は那古野城に入った。

がしかし、信光はその年の十一月二十六日に、不慮の事件が起こって、信光は横死した。世間では神罰が下っただの天道に背くのは恐ろしいことよと言いあった。

 

坂井大膳は駿河の今川氏の下に逃亡したが、その後の消息は不明である。

 

ドラマでは彦五郎は碁をうちに来た信光に殺されていますけど、信長公記では彦五郎は切腹をしています。信光としては、彦五郎は兄信秀の敵ではあるものの、武士としての最後を遂げさせたのでしょう。それにしても、その後信光が不慮の事件で亡くなっているのが謎ですね。

ちなみに、『甫庵信長記』によると、信光は近臣で北の方(信光夫人)と通じていた坂井孫八郎により殺害されたと記されています。

『甫庵信長記』は『信長公記』をもととして書かれた書籍なので信憑性は薄いです。

ですが、坂井孫八郎は、織田信長の命により佐々孫介と5人の討っ手と共に成敗されています。

何か筋書きがあって、酒井孫八郎は成敗されたような・・・

こうして尾張は織田信長の手中に治まることとなったわけですね。

 

 

『信長公記』に記されている孫四郎の暗殺

 

道三は長男利政のことを愚か者だと思い込み、孫四郎・喜平次を尊重した。喜平次にいたっては一色兵衛太輔にするなど官位をあたえ昇進させている。孫四郎と喜平次は図に乗っていい気になり兄の利政をないがしろにした。

利政は無念に思い、天文二十四年(1555)十月十三日から仮病を使って引きこもり寝込んだ。

十一月二十二日、道三が稲葉山の私宅に下りたのを見て、利政は叔父の長井道利から孫四郎・喜平次に「利政様は重病で先は長くなく、お二人に対面して申しときたいことがあるのでおいで願いたい」と、利政の寝床へと誘った。

長井道利は次の間に刀を置いた。それを見て孫四郎・喜平次も刀を置いた。奥の間に入れて、馳走を出した。奥の間にて、日根野弘就(ひねのひろなり)が上座にいた孫四郎を切り、続いて喜平次を切り殺した。利政はすぐさま道三に事の次第を通告した。

道三は仰天し長良川を越えて山県郡の山中へ撤退した。

 

長井道利は初め道三に仕えたが、次第に道三とその嫡男利政が不仲になると、利政に接近して、道三の寵愛する利政の異母弟孫四郎、喜平次らの暗殺を提言した。後年、信長の攻撃によって稲葉山城が陥落した時、利政の子龍興と共に長良川を降り伊勢国に逃れた。

日根野弘就もはじめ道三に仕えていたが、利政の代に重用され頭角を現す。後年、斎藤家が滅亡すると今川家→浅井家→織田家→豊臣家に仕える。

 

ドラマでは孫四郎と喜平次は次の間で暗殺されていますが、『信長公記』では奥の間で馳走を食べている時に殺されていますね。孫四郎と喜平次も剣はたしなんでいたでしょうから、丸腰にしたとはいえしらふでは取り逃がすと思い、酒を飲ませてある程度酔った時に切られたのでしょうね。道三は身の危険を感じ、すぐさま撤退しています。

ドラマでは道三は利政に家督を継がせていますが、『信長公記』では家督を譲ったとは記されていないので、道三は家督を利政に譲る気はなかったのでしょう。

麒麟がくる紀行-臨済寺

 

臨済寺

静岡県静岡市は、今川義元の本拠地で、駿府と呼ばれていました。臨済寺は太原雪斎(たいげんせっさい)を招き建立した寺院・善得院が前身である。今川氏の菩提寺です。

雪斎は幼名を芳菊丸といった今川義元の教育係を務めた。義元が家督を継いだ後は、外交や軍事面から今川家を支えました。このころ人質となっていた竹千代(徳川家康)の教育係を務めていたといわれます。今川氏の発展に大きく寄与したことから「黒衣の宰相」「名補佐役」「軍師」などと評価されている。

織田家と斎藤家で身内同士の暗殺があった年、1555年の閏10月10日に雪斎は駿河長慶寺にて死去した。享年60。

 

<文化財>

  • 重要文化財(国指定)-臨済寺本堂(江戸時代前期(17世紀)再建立)
  • 名勝(国指定)-臨済寺庭園(天正年間徳川家康が伽藍を再建せし時築造せられた)
  • 静岡県指定有形文化財-絹本著色大休和尚画像(絵画)、千鳥図屏風 一双(絵画)、鉄山釜
  • その他の文化財-今川義元坐像、太原雪斎像、今川氏発給文書、一休禅師書、徳川慶喜書

臨済寺の地図(googleマップ活用)

臨済寺(googleアース活用)

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!

大河ドラマはUNEXTで!!