【大河ドラマ】川口春奈演じる帰蝶がプロデュースした信長軍、麒麟がくる13話

あらすじ-ネタバレ

 

天文二十一年(1552)

命を狙われた斎藤道三は国衆を集めて土岐頼芸と一戦交えると伝えるが、高政は頼芸を擁護し道三と戦うと光秀に言う。

光秀は鉄砲のお話があると嘘をつき単独で道三に謁見し胸の内を語る。涙ながらにこの戦は無意味であると訴える。

が、道三は最初から戦をするつもりはなく、頼芸に美濃から出ていってもらう為に国衆に喝を入れただけだと言う。

そして、道三は尾張の織田信秀が死んだことにより今川方がこの美濃まで攻めてくると危機感を感じ鉄砲隊を創設し、鉄砲指南を光秀に任せると言う。

 

高政は道三と一戦交えるべく頼芸のもとを訪れるが、頼芸は自分の保有する鷹を全滅させられ、道三を恐れ美濃から逃亡する。

 

頼芸が逃亡し怒った高政は道三をお前呼ばわりし罵る。これに道三は「言葉は刃物ぞ」と言い高政をなだめようとするが、頭に血がの昇っている高政は正気を失い道三に食って掛かる。

高政はついに胸の内にあったことを道三に言ってしまう。「わしの父は頼芸様じゃ、土岐家の血が流れているのじゃ」と吐き捨てるように言った。

これに、母、深芳野は激高し「そなたの父は利政様(道三)じゃ、謝るのじゃ」と言ったが、道三は「そろそろ家督を譲ろうかと思うておったが」と言い、部屋を出ていった。

 

天文二十二年潤正月

織田信長の家老、平手政秀が切腹した。

織田信秀が亡くなって日がたっていなかったが、尾張国内は身内同士で争っていた。

平手政秀は織田家の内紛をおさめようとしたがそれができず、誠意を見せるために切腹した。

 

帰蝶へ道三より文が届いていた。道三が織田家の家督を継いだ信長と対面したいとのことだ。

だが、信長はこの対面は危険すぎると断ろうとするが、帰蝶は会うべきだと反論する。

帰蝶は信秀が言っていた伊呂波太夫のことを思いだす。

伊呂波太夫は、紀伊の根来衆(ねごろしゅう)やあちこちの国衆と縁が深いので信秀は兵が足りぬ時、雇い兵を集めさせていた。根来の雇い兵には鉄砲を持つものまでいると言っていたことまでも覚えていた。

帰蝶は単独で尾張に来ていた伊呂波太夫と対面し要件を伝える。

伊呂波太夫は急ぎでは無理でしょうと言うが、帰蝶は砂金を何袋も足元に落とし不敵な笑みを浮かべ「手付じゃ」と言う。

 

天文二十二年(1553)四月

道三は光秀を伴って尾張に出立する。道三は場合によっては信長を討つというのだ。

道三は会見が行われる聖徳寺のそばにある小屋で信長を待ち伏せることとした。

現れた信長軍を見て道三は息を吞む・・・。

長槍を持つ兵、鉄砲隊が列を作り悠々と行進してゆく。

 

帰蝶のプロデュースにより信長軍は整備されていたのだ。

 

 

本能寺の変まで、29年。

麒麟がくる紀行

 

鷺山城跡

守護土岐氏が治めていたかつての美濃の中心地。一時、土岐頼芸の居城だったと言われています。

・鎌倉時代の文治年間(1185年 – 1190年)、佐竹常陸介秀義が築城
・永正6年(1509)土岐政房の命で斎藤利綱が福光御構(蝉土手城館)の普請を行っており、川手城から鷺山城に美濃守護所が移された。
・永正16年(1519)に土岐政房が死去すると、土岐頼武と守護代・斎藤利良は福光御構に入った。
・享禄3年(1530)土岐頼芸方が戦に勝利し、頼武は大桑城に入った。
・天文17年(1548)家督を息子の斎藤義龍に譲ると道三は鷺山城に隠居
・弘治2年(1556)長良川の戦いで義龍は道三を攻め滅ぼし討ち取った。この戦いの後、鷺山城は廃城となったとされる。

 

鷺山城跡の地図(googleマップ活用)

 

法雲寺

臨済宗妙心寺派の寺院で、土岐頼芸終焉の地として知られる。

・天正10年(1582)に揖斐の領主であった稲葉良通が没落していた旧主の土岐頼芸を招いて館を設けたのが起源。
・土岐頼芸はこの地に移ってから間もなく没した。
・正徳年間に現在の位置に寺基を移して東春山法雲寺と寺号を改めた。

法雲寺の地図(Googleマップ活用)

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!