【大河ドラマ】信長を勇気づけた川口春奈さん演じる帰蝶とは?-麒麟がくる12話

あらすじ

 

天文二十年(1551)

 

三河の国境で戦っていた織田信秀と今川義元は将軍足利義輝の仲立ちもあって和議を結んだ。

 

その結果今川方は劣勢だった信秀から尾張に接した重要な拠点を手に入れた。

 

病に伏した織田信秀の先行きはいよいよ危うい物となった。

 

 

床の上で信秀は、末盛城を信勝に与え、信長はこれまで通り那古野城を任せると言った。

 

これに信長は、末盛城は三河に近く今川に睨みをきかし、力のつくしようがあるが、那古野城は北の清州城に近いというだけで主軸の城ではないと言う。

 

納得のいかない信長は部屋を出てゆく。

 

信長は帰蝶に胸の内を話す。大事なものはすべて信勝の物じゃ、病で気弱になっている父上に母上がつけこんでそのように申したのだろう。

 

信長は、松平広忠の首を盗ったのも、今川との和義も父上に喜んでもらおうと思ってやったのに、このうつけがとただただお叱りになるだけじゃと落胆してしまう。これも母上が不服を唱えたのだからと言う。

 

 

父上は母上の言いなりじゃと号泣してしまう。

 

 

帰蝶は床上の信秀に1対1で会い織田家を継ぐのは信長か信勝どちたがふさわしいかと聞く。

 

信秀はやっとでる声で帰蝶に言った「信長はわしの若い頃に瓜二つじゃ、まるで己を見ているようじゃ、良いところも悪いところも、それゆえかわいい、尾張をまかせる、強くなれ」

 

帰蝶からこれを聞いた信長は、笑顔になり床上の信秀の元に会いに行く。

 

帰蝶は京へ使いを出し東庵を呼んだが、間に合わなかった。

 

天文二十一年3月、織田信秀死去。

 

 

一方、美濃では

 

光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。

 

 

稲葉山城からのろしが上がり、国衆が集められる。

 

斎藤利政は土岐頼芸に命を狙われたので、一戦交えると言う。

 

美濃に不穏な空気が漂うことになるのであった。

 

 

本能寺の変まで、31年

 

川口春奈さん演じる帰蝶とはどんな人?

 

今話では川口春奈さん演じる帰蝶が床上の信秀から話を聞き、それを信長に伝えるシーンが印象的でしたが

帰蝶とは一体どんな人なのでしょうか?

 

帰蝶のいろいろな呼び名

川口春奈さん演じる帰蝶は『絵本太閤記』や『武将感状記』で、濃姫と書かれていることからこの名が有名になったが、これは美濃からきた姫、美濃姫を省略して濃姫とよんだ。

江戸時代に成立した『美濃国諸旧記』では帰蝶(きちょう)であったとされ、『武功夜話』では胡蝶(こちょう)であったとする。

同じく『美濃国諸旧記』に、斎藤道三が天文17年(1548)に稲葉山城を斎藤義龍に譲って出家して、鷺山城に退き、翌年、この城から信長のもとに嫁いだために、鷺山殿(さぎやまどの)と呼ばれていたと書かれている。

安土殿と呼ばれていた女性が濃姫と同一人物であるという最近の説もある。総見院で於鍋の方の隣に葬られた養華院という女性が、信長の妻の1人として葬られていることは確かであるが、それを濃姫であると断定するまでには至っていない。

 

史実上の帰蝶

帰蝶は、斎藤道三の娘で、母は正室の小見の方。帰蝶は正室唯一の子であったとされる。

帰蝶の生年を記した書物は『美濃国諸旧記』しかなく、天文4年(1535)の生まれだとされる。

天文15年(1546)、帰蝶は人質として土岐頼純へ輿入れ。

土岐頼純は、『美濃国諸旧記』では天文16年(1547)8月の大桑城落城の際に討ち死に、または同年11月に突然亡くなったとする帰蝶はこの夫の死によって実家に戻ったと推測される。

天文18年2月24日(1549年3月23日)に織田信長に嫁いだ。『信長公記』によれば、織田家臣の平手政秀の(個人的な)政治力で和睦と信長の縁組みがまとめられたという。

『絵本太閤記』と『武将感状記』の逸話に、信長が、謀叛を起こす道三の2人の家老(堀田道空、春日丹後守)からの連絡を待っていることを、帰蝶は道三に知らせると、道三は信長の策にはまって、家老の裏切りを疑って殺害してしまったというものがある。ただし、この逸話に相当するような、道三が実際に家老を殺害した記録は存在しない。

天文22年(1553)4月には、信長と道三が正徳寺で会見を行っているが、婚儀以後、帰蝶についての記載は『美濃国諸旧記』から途絶える。道三の遺言でも一言の言及もない。

『勢州軍記』『総見記』には、信長の御台所である斎藤道三の娘が、子供に恵まれなかったので、側室が生んだ奇妙丸(信忠)を養子とし嫡男としたという記述がある。

斎藤家の菩提寺常在寺に父・道三の肖像を寄進した(時期不明)と寺伝にあるのを最後に、帰蝶は歴史の記録から完全に姿を消した。このために帰蝶は没年も不明であり、菩提寺も戒名も特定されていない。

 

諸説ある帰蝶の謎

帰蝶の史料は極めて乏しく、実証が難しいために謎が多く、確かなことはほとんどわかっていない。

『信長公記』には入輿について短い記述があるだけでその後は一切登場せず、帰蝶のその後については様々な推測がなされている。

離縁説

作家の阿井景子さんは、『信長公記』など史料に入輿は記載されているが最後が記載されていないのは、織田家と縁が切れたためと推測し、政略結婚の意義を失った濃姫との婚姻は無用のものとなったので、生駒殿懐妊の弘治2年夏ころを契機に織田家を追放され、帰蝶は実父の敵の義龍を嫌って母方の叔父・明智光安の明智城に身をよせた、と考えた説。

死亡説

信長に嫁ぎ、正妻の座にあったが、信長が娶った後妻の生駒氏が弘治3年(1557)に信長の嫡男・織田信忠を産む以前に、20歳くらいで病死したのではないかと推測されている説。

戦死説

岐阜県岐阜市不動町には本能寺の変の際に信長の家臣の一人が濃姫の遺髪を携えて京から逃れて、この地に辿り着き埋葬したという濃姫遺髪塚(西野不動堂)がある。

生存説

天正11年(1583)6月2日に信長公夫人主催で清見寺住持の月航玄津が一周忌を執り行ったという記録がある。

安土殿説

信長の次男・織田信雄が天正15年(1587)頃の家族や家臣団の構成をまとめた『織田信雄分限帳』に、あつち殿(安土殿)という女性が書かれているが、これが帰蝶ではないかと考えられている。

 

麒麟がくる紀行-末盛城跡(現:城山八幡宮)、万松寺

 

末盛城跡(現:城山八幡宮)

末盛城は織田信秀が三河からの侵攻に備えて築城した平山城です。織田信秀はこの末盛城で亡くなりました。

現在は城山八幡宮が建立されています。

天文21年(1552)に信秀は死去。信秀の居城である末森城を譲られたのは、信長の実の弟織田信勝だった。

末盛城跡(現:城山八幡宮)の地図(googleマップ活用)

天文22年(1553)、城主の信勝が加賀の白山比咩神社から分霊を迎え城中に白山社を祭ったものが廃城後も近隣の人々の信仰を受けて維持され、明治になって近隣の神社と合祀されて城山八幡宮となった。
城山八幡宮(googleアース活用)

万松寺

万松寺(ばんしょうじ)は織田信秀が創建した織田家の菩提寺です。

信長が喪主となり、万松寺で信秀の葬儀が執り行われました。

竹千代(徳川家康)は6歳で人質として今川義元の元に送られる途中で信秀に引き渡され、この寺で9歳まで過ごしたと伝わっています。。

万松寺の地図(googleマップ活用)

天文9年(1540)、那古野城の南側に建立された。当時は現在の中区錦と丸の内2丁目・3丁目にまたがる広大な寺領を持っていたが、慶長15年(1610)、名古屋城を築く際に小林邑(現在の大須3丁目)に移建した。

万松寺(googleアース活用)

 

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!