【大河ドラマ】向井理さん演じる足利義輝の素顔とは?麒麟がくる11話

あらすじ

 

天文18年(1549)11月 尾張 笠寺

 

尾張の織田信秀に人質となっていた三河の竹千代(のちの徳川家康)は駿河の今川義元へ送られることとなった。

 

今川に捕らえられていた信秀の息子織田信広との人質交換のためである。

 

この人質交換が一進一退を続けていた東海の覇権争いに大きく影響するのであった。

 

 

天文19年(1550)夏

 

今川義元は尾張の知多半島を攻め寄せ次々と制圧。

 

これにより、織田信秀の非力ぶりが明らかとなった。

 

信長と帰蝶の婚姻による織田と斎藤の盟約は崩れそうになった。

 

織田信秀は斎藤利政に援軍を要請するが、美濃は一枚岩でなかったのだ。

 

このままでは今川に尾張に攻め込まれると、信長は今川家に和議を申し入れようと考えつく。

 

光秀は以前、美濃の内紛で土岐頼芸と土岐頼純が争い大戦になった時に将軍家のおとりなしでおっさまったので、

 

織田と今川の戦も将軍家におとりなししてもらえないかと思案するのだが・・・

 

(信長と帰蝶は二人そろって光秀をじっとみつめている)

 

 

向井理さん演じる足利義輝とはどんな人?

 

今話ドラマ後半で、光秀が織田軍と今川軍の和義の願いに足利義輝のもとを訪れていましたね。

向井理さん演じる将軍足利義輝が京を追いやられ、朽木で光秀に戦国の世の無常さを熱く語る感動的な場面でした。

 

足利義輝とはどんな人だったのか見ていきましよう。

天文5年(1536)3月10日、第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれ、幼名は菊幢丸きくどうまるです。

この頃の幕府は父・義晴と管領の細川晴元が権威争いで対立し、義晴は戦をするたびに敗れ近江国坂本に逃れ、菊幢丸もそれにたびたび従った。逃げていた場所が今話ドラマで出た朽木です。

菊幢丸は天文15年(1546)に、朝廷より、義藤よしふじ)の名を与えられる。義藤はわずか11歳にして父から将軍職を譲られ、正式に第13代将軍となる。

天文19年(1550)5月、父・義晴が穴太にて死去した(『万松院殿穴太記』)。義藤は父が建設を進めていた中尾城で、三好軍と対峙。

天文20年(1551)1月には伊勢貞孝が義輝を強引に京都に連れ戻して三好方との和睦を図ろうとするが失敗に終わる。

天文21年(1552)1月に義藤は長慶と和睦し、京都に戻った。

天文22年(1553)3月に義藤は長慶との和約を破棄して東山の麓に築いた霊山城に入城し、晴元と協力して長慶との戦端を開いたが攻め落とされて、朽木元綱を頼って近江朽木谷に逃れ、以降5年間をこの地で過ごした。

天文23年(1554)2月、義藤は朽木谷に滞在中、従三位に昇叙するとともに、名を義輝に改めている。

永禄元年11月、義輝は六角義賢の仲介により長慶との間に和議が成立したことに伴って、5年ぶりの入洛が実現した。

 

ドラマでは義輝は織田家と今川家に和義を命じさせると、光秀に言っていますが、

実際に義輝は大名同士の抗争の調停を頻繁に行っていたようです。

武田晴信と長尾景虎、毛利元就と尼子晴久、松平元康と今川氏真、毛利元就と大友宗麟、上杉輝虎と北条氏政と武田晴信等と、諸国の戦国大名同士の修好に尽力しています。

 

麒麟がくるでは、足利義輝のそういった争いの無い世の中にしたいという思いを最後のシーンで上手く表現していますね。

向井理さんの演技力もさることながら、足利義輝の想いが伝わった感動的なシーンでした。(涙)

 

麒麟がくる紀行-興聖寺

 

興聖寺

室町幕府12代将軍足利義晴が、細川晴元・三好元長の追撃から逃れるため3年間滞在したお寺です。義晴の息子義輝も戦乱の続く京から度々この地に逃れています。

朽木荘-1001年平惟仲が京都白川(しらかわ)寺喜多(きた)院(寂楽寺)に寄進した荘園。その後,佐々木信綱に与えられたが、一族の朽木氏が世襲。興聖寺は朽木氏の館があったとされる場所に建立された。
旧秀隣寺庭園(足利庭園)興聖寺の境内に残る庭園で、国指定名勝。室町時代に管領・細川高国により作庭されたものと伝わります。

興聖寺の地図(googleマップ活用)

司馬遼太郎さんは街道をゆくの湖西のみちで興聖寺を訪れています。

かつて朽木氏の檀那寺で、むかしは近江における曹洞禅の巨刹として栄えたらしいが、いまは本堂と庫裡それに鐘楼といったものがおもな建造物であるにすぎない。

(街道をゆく 湖西のみち 朽木の興聖寺より引用)

興聖寺(googleアース活用)

麒麟がくる 1話~21話

1話 光秀、西へ 光秀、堺と京を訪れるが・・・
2話 道三の罠 籠城をする道三だったがそれにはある策があった・・・
3話 美濃の国 斎藤道三、土岐頼芸のもとを訪れるが・・・
4話 尾張潜入指令 光秀と菊丸が薬草売りを装い尾張に潜伏するが・・・
5話 伊平次を探せ 光秀、鉄砲職人伊平次を探しに京へ行く。
6話 三好長慶襲撃計画 万里小路家連歌の集いで三好長慶が狙われるが・・・
7話 帰蝶の願い 織田信秀が斎藤利政に和睦を申し入れてきたが、それにはある条件があった・・・
8話   同盟のゆくえ 織田と斎藤の同盟は帰蝶の輿入れが条件だった。帰蝶が取った行動とは・・・
9話 信長の失敗 信長は信秀に祝いの品を差し出すのだが・・・
10話 ひとりぼっちの若君 今川義元は織田家の人質竹千代と織田信広の交換条件を突き付けてきた。
11話 将軍の涙 織田家VS今川家。美濃はどうする。
12話 十兵衛の嫁 光秀は煕子と結婚し、母と叔父の光安も大喜びだった。が、稲葉山城からのろしが上がる・・
13話 帰蝶のはかりごと 道三と対面する信長を帰蝶がプロデュースする。
14話 正徳寺の会見 斎藤道三と織田信長は正徳寺で初対面を果たした。
15話 道三、わが父に非(あら)ず 尾張の織田家と美濃の斎藤家で身内同士の暗殺劇が起こる。
16話 大きな国 道三は二人の息子を失った。殺害したのは嫡男の高政であった・・・
17話 長良川の対決 ついに、美濃国内長良川において斎藤親子が激突!
18話 越前へ 新天地越前にたどり着いた明智家の人達   越前一乗谷で、光秀は朝倉義景に謁見する。
19話 信長を暗殺せよ 近江朽木に戦火を逃れていた将軍・足利義輝は三好長慶と和睦し5年ぶりに京に戻った。
20話 家康への文 家康と母・於大の方の感動秘話。
21話 決戦!桶狭間 日本の歴史が変わった運命の一日!