リニューアルした関門海峡ミュージアムを体感!!

 

本州と九州をつなぐ海域の歴史や自然環境を展示する「関門海峡ミュージアム」が9月に、リニューアルオープンしました。

施設内には山口県下関市が対岸にみえる展望デッキ、レストラン、子ども向けの遊具エリア、海上保安庁のPRコーナーも備える。

門司港で盛んだったバナナのたたき売りや近隣の映画資料館「松永文庫」を紹介するなど幅広い展示内容で海峡の歴史や自然を映像やゲームを通じて体感できる施設に生まれ変わった。

それでは館内に入ってみましょう!!

エントランス

大きな客船がお出迎!!

館内に入ると迫力の客船がお出迎え、テンションが上がります!!

                                                                                                                            撮影:ryoujiro

4F:海峡を望みながら豪華客船の内装でくつろげるカフェ

まずはエレベーターで4Fへ!

プロムナードデッキNew

大正・昭和の豪華客船をイメージしたラウンジは眺めが最高♪  カフェメニューも充実しているので、ゆっくりと優雅なひと時を楽しめますよ。

有料ゾーン入り口はこの先です。有料ゾーン体験後にラウンジでくつろいでもいいですね。

                                                                                                                            撮影:ryoujiro

2~4F:大迫力、国内最大級のスクリーン

・海峡アトリウムNew

5階建ての2階から4階にまたがる吹き抜けにミュージアムに常設されているセイル(帆)スクリーンでは国内最大級の巨大スクリーン(縦9メートル、横18メートル)を新設

関門海峡の海中をCGでダイナミックに再現するほか水中生物や門司港の歴史、源平合戦や長州藩の戦いなど4種類の映像を流す。関門の歴史をアニメーションで学ぶことができます

圧倒的なスケール感で時空を超えた海峡の魅力を伝えてくれる映像に感動しました。

                                                                                                                            撮影:ryoujiro

上階から下りながら見学できるように改装したスロープにはタッチパネル式モニターを設け、指定された魚に触るクイズや、自分の顔を宮本武蔵や佐々木小次郎に置き換える体験などを楽しめます。

通路が少し狭いですが通行人の妨げにならないようにゲームを楽しみましょう。

                                                                                                                           撮影:ryoujiro

〔スクリーンでの映像演出は30分に1回、8分程度の映像を投影してます。映像の合間はスロープ及び2Fアトリウムピットの、インタラクティブ体験を楽しみましょう。〕

3F:海峡の歴史ドラマを精巧な人形で再現

海峡歴史回廊

本州と九州を隔て、日本海から瀬戸内海に抜ける関門海峡。その歴史は、陸続きだった本州と九州が引き分かれたという伝説にはじまります。

日本三大潮流のひとつ関門海峡、その潮流で人々を翻弄し、時代の重要な数々の出来事の舞台となってきました。著名人形作家が海峡を舞台とした歴史を再現。人形たちの華麗で個性豊かな風情に引き込まれます。

スクリーン映像の合間に見学しました。精巧に造られた人形、映画ナイトミュージアムのように動いたら面白いのになと勝手に想像してみました。見応えはありますよ。

                                                                                                                          撮影:ryoujiro

2F:船の操舵(そうだ)や潮流の仕組みを学べる体験ゾーンを新設!

海峡体験ゾーンNew

「操作シュミレーション」や「コンテナクレーンゲーム」等、漁業や海運などで働く人々の営みを疑似体験し関門海峡を学べる体験ゾーンがオープン!

日本三大急潮流のひとつである関門海峡は、国内外の船が行き交う重要航路です。海峡の安全を日夜守り、漁業や海運などで働く人々の営みを体験しながら学ぶゾーンです。

大人も楽しみながら学ぶことが出来ますよ。

                                                                                                                      撮影:ryoujiro

<体験ゾーン一覧>

  • 安全を守る人たち顔出しパネル
  • 第七管区寄贈品展示ケース
  • 巡視船操船体験(操船シュミレーション)
  • 手旗信号体験
  • 号鐘体験
  • 船舶検索タブレット
  • 港湾荷役体験(コンテナクレーンゲーム)

1F:大正時代の港町・門司港にタイムスリップ!

海峡レトロ通り

国際貿易港として舶来文化がいち早く届いたモダンな港町・門司港にタイムスリップ

青空が夕焼けから、夜空に星が瞬くロマンチックな演出のもと、路面電車にバナナの叩き売り、ミルクホールなど、喧騒に包まれた往時の賑わいを体感できます。このゾーンにはお土産物屋さんがあり、大正時代の雰囲気を味わいながらお買い物ができますよ。

                                                                                                                     撮影:ryoujiro

港町門司港の街並みの中のお土産物屋さんが入っている建物は?

                            撮影:ryoujiro

辰野金吾監修の日本銀行西部支店でした。門司港は九州の玄関口、貿易港として栄え金融機関が集中していました。当時の栄華が偲ばれます。

                                    撮影:ryoujiro

門司港はバナナのたたき売り発祥の地、下関はふぐということで、門司港ばななとふぐ煎餅を買いました。

                              撮影:ryoujiro

ふんわりした食感で優しい味わいのバナナの形をしたカステラと、ふぐの豊かな旨味とピリッとしたほど良い辛みのきいたからしマヨネーズ味の煎餅。

                              撮影:ryoujiro

5F:潮風に当たれるデッキと、地元の新鮮な食材を堪能できるテラス!

展望デッキ

関門海峡を一望できる展望デッキ。手前には門司港レトロ地区、対岸には下関市、遠方に関門橋を見ることができます。潮風にあたりながら、行き交う船舶に思いを馳せ、ゆったりとした時間をお楽しめます。

夕景はその日その日で様々な表情を見せてくれます。停泊中の船の向こうで日が沈む。高い建物は海峡ゆめタワーです。

                                                                                                                 撮影:ryoujiro

レストラン「マリーナテラス KAITO」OPEN!

最上階の5階で、開放的な空間で雄大な関門海峡を眺めながら、地元産の新鮮な食材を満喫!関門海峡280度の開放的な空間で素敵なひとときを過ごせますよ。

門司港は焼きカレー発祥の地ということで、海鮮焼きカレーKAITOスペシャルを食べてみました。焼きチーズの香りと味、プリッとしたエビ、絶景を眺めながらの食事は格別でしたよ!

                                                                                                                       撮影:ryoujiro

焼きチーズの香りと味がカレーに溶け込んで最高!

                            撮影:ryoujiro

プリッとしたエビ!

                            撮影:ryoujiro

アクセス

関門海峡ミュージアムの地図(Googleマップ活用)