一日で秋の城下町長府を満喫!!~写真撮影スポット~

『彩の城下町長府・秋』と銘打って毎年行われているライトアップ・キャンドルイベントに行ってきました。

 

イベントは土日曜日の二日間行われるのですが、天気予報で日曜日の天候があまり良くなかったので土曜日の一日で秋を満喫すべく朝から夜にかけて長府を訪れましたヨ。

 

撮影ルート

 

午前中に功山寺→長府毛利邸、

午後から→夢枕小路→古江小路→ふくの関長府観光会館(遅めの昼食)、

夕方から夜にかけて長府庭園→功山寺→長府庭園→古江小路→忌宮神社の順に1日目一杯長府を堪能しました。

 

功山寺

 

功山寺は幕末に高杉晋作が奇兵隊を挙兵したことでも知られるお寺です。

国宝仏殿前のまだ赤くなりきれていない紅葉と後で赤くなっている紅葉を入れてパシャリ。

NIKON D5500 絞り値f/10 露出時間1/200秒 ISO400 microsoftフォト編集

仏殿背面より撮影。入母屋造檜皮葺き一重裳階(もこし)付きの屋根が渋いです。

NIKON D5500 絞り値f/10 露出時間1/250秒 ISO400 microsoftフォト編集

仏殿正面から撮影。建造物は暗めのライトで、もみじに赤いライト。昼とは違った表情を見せてくれます。

                         NIKON D5500 絞り値f/5 露出時間1/5秒 ISO1250 microsoftフォト編集

山門ともみじ。赤々ともみじを照らしていました。

                                                    Galaxy S8 SCV36 絞り値f/1.7 露出時間1/8秒 ISO1250 microsoftフォト編集

長府毛利邸

長府毛利邸は、長府毛利家第14代当主・毛利元敏公により明治36年(1903)に完成した邸宅です。

紅葉から覗き見る山門。風情があります。

                                                              NIKON D5500 絞り値f/10 露出時間1/250秒 ISO400 microsoftフォト編集

庭園内の紅葉。貸衣装を着て撮影している人もいましたよ。

      D5500 絞り値f/8 露出時間1/50秒 ISO400 microsoftフォト編集

ライトアップは庭園外より撮影。

      D5500 絞り値f/7.1 露出時間1/10秒 ISO12800 microsoftフォト編集

毛利家家紋のキャンドル。可愛らしいですね。

      D5500 絞り値f/7.1 露出時間1/10秒 ISO12800

夢枕小路

タイムスリップしたかのような小路。散ったもみじにも歴史を感じます。

                                                                D5500 絞り値f/8 露出時間1/250秒 ISO250

塀の屋根の上に可愛らしく乗っかったもみじ。

      D5500 スペシャルエフェクトモード

古江小路

夢枕小路より広めで整備された小路です。この通りの屋敷には家老格が住んでいました。

      D5500 絞り値f/9  ISO400

石垣の上に土塀をこしらえている造は威厳があります。

      D5500 絞り値f/9 露出時間1/160秒 ISO400

夜は門の前で城下町、ハートのキャンドルで演出しています。

      D5500 絞り値f/9 露出時間1/10秒 ISO12800

静かな城下町にキャンドルが寄り添います。

                                                                      D5500 絞り値f/9 露出時間1/10秒 ISO12800

長府庭園

 

長府庭園は長府毛利藩の家老格であった西運長(にしゆきなが)の屋敷跡で約31,000平米の敷地には、池を中心に書院・茶屋・あずまやが残され、かつての静かなたたずまいが今日まで残されています。

池、木橋、松、もみじとみる人を楽しませてくれます。造園設計をした人の気持ちが伝わってきます。

      D5500 絞り値f/5.6 露出時間1/15秒 ISO1600 microsoftフォト編集 

スナップ写真風に撮影。もみじのアップも絵になります。

      D5500 絞り値f/7.1 露出時間1/40秒 ISO400 microsoftフォト編集 

夕方から居座り夜になりました。夜の表情も素晴らしいです。

                                                     Galaxy S8 SCV36 絞り値f/1.7 露出時間1/10秒 ISO400 ギャラリー編集

水面に映るもみじもきれいです。

Galaxy S8 SCV36 絞り値f/1.7 露出時間1/10秒 ISO320 ギャラリー編集

忌宮神社

忌宮神社は仲哀天皇が熊襲平定の際に滞在した行宮である豊浦宮の跡とされる。

鳥居をくぐったところが撮影スポットになってます。

                                                                D5500 絞り値f/9 露出時間1/10秒 ISO12800  

御祭神仲哀天皇・神功皇后・応神天皇にお仕えした大臣武内宿禰手植えの銀杏と伝えられる古木です。歴史を感じます。

                                                              D5500 絞り値f/18 露出時間1/10秒 ISO12800 microsoftフォト編集 

境内地には園児たちが作った灯があちらこちらで灯をともしています。

     D5500  露出時間1/10秒 ISO12800 microsoftフォト編集 

鳥居前の商店街ではイベントが行われ賑わっています。

                                                            D5500  露出時間1/10秒 ISO12800 microsoftフォト編集 

ふくの関長府観光会館

お昼はこちらでいただきました。

昼食べたのは、あの高杉晋作の名がつけられた晋作うどんを頂きました。面は細目で梅干しが入っています。

高杉晋作は梅に思い入れがあったらしく、長男が誕生した時その名も「之進」くんです。九州に亡命する際に、高杉は「谷之助」と変名しました。

そんなことを考えながら、晋作うどんを食しました。

 

まとめ

朝から夜まで1日かけて長府を満喫しました。朝昼夜と違った表情を見せてくれる城下町長府。

季節も秋、しかもキャンドルライト・ライトアップのイベント中だったので飽きずに堪能できました。欲を言えば下関市立博物館に入りたかったな。

又、一段と関門界隈の魅力に取りつかれました。今度はどこの街に出かけようかな?

ふくの関長府観光会館(googleマップ活用)