CATEGORY

関門海峡観光

  • 2020.03.25(水)
  • 2020.03.25(水)

【門司港レトロのお土産】アメトークで紹介されてた『バナナようかん』

  2016年のアメトーーク!「桃太郎電鉄芸人」の放送で、   野性爆弾ロッシーが、門司港レトロのおみやげ門司港名物『バナナようかん』を紹介していたましたね。   当ブログでは門司港発祥と言われるバナナの叩き売りについても紹介しています。   アメトーーク!で […]

  • 2020.03.22(日)
  • 2020.03.22(日)

【下関の神社仏閣】関門橋の横に佇む平家一門が眠る『立石稲荷大明神』

  下関で関門海峡沿いを歩いていると山側に赤鳥居が並んでいるのが目に入ります。   山側に歩道はないのですがこの鳥居の前だけは、信号横断歩道があります。   安全を十分に確認し気を付けて横断歩道を渡り参拝してきました。 (国道で車がスピードを出してるので車道の信号が赤で […]

  • 2020.03.21(土)
  • 2020.03.21(土)

【門司港の食堂】門司港レトロ地区から歩いてすぐ、安価な値段の安全入船食堂

  門司港レトロ地区から徒歩ですぐの場所にある安全入船食堂。   船舶海運関係の仕事をしている人のための食堂かと思っていましたが、   一般の人も入れるようなので食事をしてきましたよ。   朝定食   店に入り、カウンター(調味料や湯呑置き場になって […]

  • 2020.03.11(水)
  • 2020.05.13(水)

【平家伝説】壇ノ浦の戦い『平家の一杯水』

  関門海峡は源平合戦の最終戦壇ノ浦の戦いが行われた地であり、   様々な史跡伝説が後世に残され物語になっています。   関門海峡界隈の源氏平家にまつわる伝説史跡等をここでは紹介して行きたいと思います。   今回は、平家の一杯水を紹介しますネ。   […]

  • 2020.02.15(土)
  • 2020.02.18(火)

【写真】白野江植物公園のおひなさま

福岡県北九州市門司に位置する白野江植物公園   こちらでは四季折々の植物や野鳥、風景を楽しめますが   2月から3月の中旬まで休憩棟にて雛飾りやさげもんなどを展示しています   白野江植物公園-入場料、開園時間、休園日   入場料、開園時間、休園日等 &nbs […]

  • 2020.02.15(土)
  • 2020.04.04(土)

【写真】白野江植物公園の季節~2月-冬牡丹~

福岡県北九州市門司区に位置する白野江植物公園   四季折々の様々な植物や野鳥、風景が楽しめます。   今回は、冬牡丹の観察に行ってきましたよ。   白野江植物公園-入場料、開園時間、休園日   入園料:一般300円(団体25名以上:団体料金240円)。小中学生 […]

  • 2020.02.12(水)
  • 2020.04.04(土)

【写真】白野江植物公園の季節~2月-メジロ~

1952年頃、個人の植物園「四季の丘」として開園。 1996年に「北九州市立白野江植物公園」として開園。 白野江植物公園は植物だけでなく野鳥の観察にも適しています。 可愛らしい、メジロを観察してきましたよ。   白野江植物公園-入場料、開園時間、休園日   入園料:一般300円( […]

  • 2020.01.22(水)
  • 2020.02.13(木)

【お土産】門司港駅で買える門司港レトロのお菓子タルト

あそびや出張に出かけた時に必ずと言っていいほど買うものがあります。 そう、お土産ですね。 観光で時間を忘れたり、仕事に集中してお土産を買う時間がなくなることがありますよね。 門司港駅は2019年にリニューアルオープンした時に駅構内にファミリーマートが出来、店内の一角にお土産コーナーを設けています。 […]

  • 2019.12.01(日)
  • 2020.04.23(木)

リニューアルした関門海峡ミュージアムを体感!!

  本州と九州をつなぐ海域の歴史や自然環境を展示する「関門海峡ミュージアム」が9月に、リニューアルオープンしました。 施設内には山口県下関市が対岸にみえる展望デッキ、レストラン、子ども向けの遊具エリア、海上保安庁のPRコーナーも備える。 門司港で盛んだったバナナのたたき売りや近隣の映画資料 […]

  • 2019.11.30(土)
  • 2020.04.23(木)

日本一短いトロッコ列車「潮風号」でゆく門司港レトロ観光線!

  JR貨物 線と田野浦公共臨 港鉄道の廃線を利用しトロッコ列車が走る観光鉄道。 JR門司港駅前から門司港レトロ地区を経て関門海峡めかり駅までをつなぐ日本一短いトロッコ列車です。 門司港レトロ地区や関門海峡を観光するのに便利で、風を感じれる列車旅が味わえます。 国内で最もゆっくり走り、走行 […]